全映協 一般社団法人 全国地域映像団体協議会全映協 一般社団法人 全国地域映像団体協議会

お知らせ

2018.8.10
全映協グランプリ 2018 【開催要項】

■応募期間
平成30年8月10日(金) ~ 平成30年8月31日(金)
学生部門については、平成30年8月10日(金)~平成30年9月8日(土)

■参加資格
国内の作品であること。各地域映像団体の推薦・応募によること

----------------------------------------------------------------------------
■応募要項
----------------------------------------------------------------------------

1.各地域映像団体より、部門別に優秀作品を応募する。

2.応募対象
平成30(2018)年度【平成29年4月~平成30年3月】の完成作品
学生部門は平成30年8月までに完成した作品

3.応募方法
①応募作品の収録媒体:1作品ごとにDVD5枚
②必要情報を記入した応募用紙 5部
※ 地域振興コンテンツ部門については「映像コンテンツ」とその「効果を検証した資料」を同時に5部提出
③審査手数料(1作品につき1万円・学生の部は無料)
※ 地域映像団体単位で応募・振込むこと

4.応募締切り
平成30年8月31日(金)18時必着
学生部門については平成30年9月8日(土)18時必着
①作品・応募用紙 送付先
(株)道洋行内
石川県映像事業協同組合 事務局
石川県金沢市松島2丁目191番地

②審査手数料 振り込み先口座
銀行名:仙台銀行 苦竹(にがたけ)支店
店番号 210  口座番号 0004182
口座名義人  全国地域映像団体協議会 事務局長 柴森則夫

5.地方予選を実施する場合は、上記ルールにとらわれず、各地域映像団体の開催規定により運営されて構わない

6.応募作品DVDの返却はしない

----------------------------------------------------------------------------
■応募分野
----------------------------------------------------------------------------
1. 番組部門
2. CM・キャンペーン部門
3. 学生部門 (高等学校の部/専門学校・短大・大学の部)
4. 地域振興コンテンツ部門
5. デジタルコンテンツ部門

----------------------------------------------------------------------------
■表彰式
----------------------------------------------------------------------------

平成30年11月15日(木)開催の全映協フォーラム2018のプログラム内で実施
1.各部門優秀賞受賞者には、審査終了後、推薦地域映像団体へ通知しますので参加を推進願います。
2.参加いただく受賞者は、今回は自費でご参加いただきます。
但し学生部門の入賞者については補助として1校30000円、全映協が負担する。
3.受賞者がご参加いただけない場合は、推薦地域映像団体の代表者に受賞代行していただきます。

----------------------------------------------------------------------------
■各部門応募規定
----------------------------------------------------------------------------
★番組部門(放送・短編)
---------------------------------------------------------

作品のジャンルは問わず、地上波・衛星・CATV・インターネットなどで放送されたもの。
企画力・演出力・構成力・技術力等のクオリティーを重視します。
作品の長さは原則90分以内とし、それ以上の作品は90分以内に再編集を行い
出品を可能とします。その場合、元の作品の長さも明記して出品して下さい。
(出品可能数)
各地域映像団体より、3作品までの出品が可能。
(審査・選考方法)
5作品を優秀賞として選び、その中から最優秀賞1作品を選ぶ。

最優秀賞(1作品) 総務大臣賞
優秀賞(4作品以内) 全映協理事長賞

---------------------------------------------------------
★CM・キャンペーン部門 ※180秒以内
---------------------------------------------------------
地域経済促進の為に制作されたコマーシャル・キャンペーン告知映像
デジタルサイネージ向け作品などの応募もできるよう時間尺を180 秒までとします。
(出品可能数)
各地域映像団体より、2作品以内の出品が可能。
(審査・選考方法)
3 作品を優秀賞として選び、その中から最優秀賞1 作品を選ぶ。
最優秀賞(1 作品) 映像新聞会長賞
優秀賞(2 作品) 全映協理事長賞

---------------------------------------------------------
★地域振興コンテンツ部門
---------------------------------------------------------
地域振興のため、行政・企業・団体からの依頼で制作されたVP作品など。産業VPは、企業のイメージが強いが、それ以上に地域に根差した企業の歴史・技術を分かりやすく、楽しく紹介する構成力・演出力を基準に審査する。また、地域振興の為に、映像コンテンツが深く係っている事。経済効果・人材育成効果・地域文化の継承・地域産業の発展・ヒット商品開発など地域活性化に貢献している活動。効果検証も需要なポイントになります。 出品には効果を検証した場合はその資料を同時に5部提出いただきます。

(出品可能数)
各地域映像団体より、2作品以内の出品が可能。
(審査・選考方法)
3作品を優秀賞として選び、その中から最優秀賞1作品を選ぶ。
最優秀賞(1作品) 経済産業大臣賞
優秀賞(2作品)  全映協理事長賞

---------------------------------------------------------
地域振興コンテンツ部門の選考基準 (10 項目各 10 点 合計 100 点)
---------------------------------------------------------
1. 企画力 企画の背景や意図が明確、集客力・新規性・集客力
2. 演出力 全体の構成、映像コンテンツが活かした工夫
3. 技術力 カメラワーク・音採り・音効など技術面の工夫
4. 発信力 地域内外への発信、メディア媒体を利用し幅広く発信
5. 地域連携 地域企業や住民との連携
6. 経済効果 地域振興に貢献・経済促進に効果
7. 波及効果 二次・三次と経済効果
8. 継続性 事業の継続性
9. 地域性 地域の文化・産業・伝統・風土・食などの要素
10.人材育成 地域クリエイター・プロデューサー・ディレクターの育成

---------------------------------------------------------
★学生部門 ※30 分以内
---------------------------------------------------------
・高等学校の部
・専門学校・短大・大学の部
将来、映像業界を目指す学生の作品を顕彰する。ジャンルは問わない
(出品可能数)
各地域映像団体より、高等学校の部、専門学校・短大・大学の部、各2作品以内の出品が可能
(審査・選考方法)
高校学校の部、専門学校・短大・大学の部、より2作品以内(計4作品以内)を優秀賞として選び、その中から最優秀賞1 作品を選出
最優秀賞(1 作品) 文部科学大臣賞
優秀賞 (3作品) 全映協理事長賞

---------------------------------------------------------
■ 採点方式 (※平成23年開催 長野大会の方式を継続)
---------------------------------------------------------
審査点  6項目×各10点=60点満点
各審査項目10点満点で採点を行うが、最低点を4点以上とする。
作品の比較点数でなく、各項目で絶対評価とする。
・特に優れている       10~9点
・優れている         8~6点
・普通             5点
・それ以下           4点

例) 審査員①

  A作品 B作品 C作品 D作品 E作品 F作品
訴求性 10 8 7 6 5 4
企画性 10 8 7 6 5 4
演出力 10 8 7 6 5 4
技術力 10 8 7 6 5 4
独創性 10 8 7 6 5 4
地域性 10 8 7 6 5 4
合 計 60 48 42 36 30 24

※ 審査員5名 6作品審査の場合
※ 審査員①が、作品Aを60点で1位  B作品を48点で2位  (1位と2位の差12点)
※ 残る4人の審査員がB作品を54点で1位  A作品を52点で2位    (差2点×4)
合計点でA作品が268点(60+52 +52+52+52点) B作品264点(48+54+54+54+54点)
B作品は、審査員4人が1位評価でも、2位 となる。

順位点  上記審査点数に、下記の順位点を加える
1位10点  2位6点  3位5点  4位4点  5位2点  以下0点

作品/審査員 審査員① 審査員② 審査員③ 審査員④ 審査員⑤ 合 計
A作品 10 6 6 6 6 34
B作品 6 10 10 10 10 46
C作品 4 4 4 4 4 20
D作品 2 2 2 2 2 12
E作品 0 0 0 0 0 0

【結果】   第1位 B作品310点
第2位 A作品302点
審査点では、2位のB作品が、順位点(1位評価4名)を加えると第1位となる。
A作品は(1位評価1名) は、第2位となる。
※ 但し、審査点での1位と2位が大差で、順位1位評価が2名と3名に分かれた場合
1位評価の2名の作品が、第1位になる可能性がある。